映画祭レポート

第16回とよはしまちなかスロータウン映画祭レポート

2018年1月7日(日)〜2月11日(日)@穂の国とよはし芸術劇場プラット他

前年に主会場を「穂の国とよはし芸術劇場プラット」に移し、それに伴い開催期間も1〜2月に変更して以来2度目の開催となりました。

プラットの素晴らしい施設と劇場スタッフの皆さんの献身的なサポートのお蔭でスムーズな運営が出来、またお客様にも「新生」スロータウン映画祭を認知いただき、新しい会場での環境にお慣れいただくことが出来たと思います。今回は一般上映に加え、例年以上の4つのイベントを開催し、期間中のイベント(有料)の入場者数は6,413名となり、これまで最高であった前年の第15回映画祭を大幅に上回りました。


オープニングイベント:1月7日(日)@穂の国とよはし芸術劇場プラット 主ホール

「三浦友和 新春シネマ&トーク 〜友和、俳優ばなし 映画人生を語る〜」

前売り券は発売初日に即完売。三浦さんの人気を反映するさすがの賑わいなり、会場は満員御礼。新春を彩る華やかなオープニングとなりました。自薦映画『葛城(かつらぎ)事件』、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』の上映に挟まれてのトークショーを開催。自身の約45年の俳優人生で3度目のトークイベントとのこと。温かく実直な人柄が滲む、映画への愛情に満ちた内容で、会場の友和ファンや映画祭ファンを魅了しました。




一般上映:1月13日〜2月11日(土・日曜8日間)@穂の国とよはし芸術劇場プラット アートスペース

今回からチケットは前売り券(通し券、単券)のみとなり、その影響か、11月5日から発売したチケットが11月末までに予定数完売しました。

初日13日の1作品目、『この世界の片隅に』上映前には、サプライズゲストとして片渕須直監督が登場。舞台挨拶で2016年公開からロングラン上映を続けている事への感謝や、現在制作中の長尺版について語られました。

一般上映は、8日間全16作品(24回上映)を上映し、多くのお客様にお楽しみいただきました。2回上映の作品では、新作洋画『ラ・ラ・ランド』が一番人気、2回の上映共に満員札止め(入場制限)となり、昨年のゲスト樹木希林さんがナレーションを務めた新作邦画のドキュメンタリー『人生フルーツ』がこれに続きました。1回上映作品では、新作のスウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』と、豊橋駅前にあった丸物百貨店や蒲郡三ヶ根山等でのロケも当時話題になったご当地作品『だれの椅子?』が共に満員札止めとなりました。(合計4回満員札止め(入場制限))





特別企画(1):1月28日(日)@穂の国とよはし芸術劇場プラット 主ホール

「横山剣『イイネ!イイネ!イイネ!』シネマ&トーク 〜Don't Think , Feel! 横山剣さん、大いに語る〜」

前回剣さんをスロータウン映画祭にお招きしたのは2003年の第2回映画祭、今はなきグランドキャバレー大統領での伝説のクレイジーケンバンド・ライブ以来です。映画『イイネ!イイネ!イイネ!』上映に続いて剣さんが登場。映画製作の秘話や作曲のコツなど貴重なエピソードを披露。途中、好きな曲や影響を受けた曲もかけていただき、最後はキーボードを弾きながら映画の挿入歌「生きる。」など生歌で披露、会場のファンを沸かせました。




ライブ&バー:2月3日(土)@Bolero ボレロ吾妻家3階

「ピーター・バラカン トーク&DJイベント Vol. II 〜映画のワンシーンになった僕らのgood music♪〜」

昨年に引き続きバラカンさんの第2弾。前売り券は発売初日に即完売。前半はバラカンさんイチ押しの音楽を紹介。「普段ラジオでかけないものをかけましょう」と選曲し、デジタル音源だけでなくレコード盤も。後半は映画祭にちなんで、映画で使われた印象深いポピュラー音楽をその映画の内容と合わせてご紹介いただきました。会場のフレンチレストランは熱心なファンで埋め尽くされ、美味しいお酒やアペリティフを楽しみながら、素敵な曲とトークに魅了されるひとときでした。




特別企画(2):2月10日(土)@穂の国とよはし芸術劇場プラット アートスペース

「石川慶『愚行録』シネマ&トーク 〜凱旋上映 異才の映画監督、故郷で語る!〜」

豊橋市出身、大学で物理学を学んだ後、ポーランドの映画大学に留学という異色の経歴を持つ新進気鋭の石川監督をお招きし、内外で高く評価された長編デビュー作品『愚行録』を上映。トークショーでは、豊橋での想い出や、映画との関わり、『愚行録』映画化の経緯や俳優陣について、また今後の計画や抱負についてお話しいただきました。同級生、学校関係者などに囲まれ、ご本人の性格もあり、終始和やかな雰囲気のイベントとなりました。




まちなかシネマルシェ:映画祭チケット販売箇所、プラット、まちなかの飲食店で配布

「歩いて行ける!ランチマップ」(映画祭パンフレット)

映画祭パンフレットに、メイン会場である穂の国とよはし芸術劇場プラット周辺で、映画やイベントの合間や鑑賞の後に、歩いて行ける美味しいランチのお店を13店舗掲載しました。スロータウン映画祭開催期間中にチケット持参でお食事をされた方にはお得な特典があるお店も。プラットを中心としたまちなかのお勧めの飲食店を紹介し、豊橋の魅力を発信しました。


その他の活動

プレイベント(計7企画)2017年

6月10日(土)
本と雑談ラジオ in 豊橋
(枡野浩一、古泉智浩出演)@雨の日商店街会場(愛知県豊橋市駅前大通 大豊商店街(水上ビル))
6月11日(日)
スピンアウト・トークライブ Jさん豪さんボーイズトーク7.5
(杉作J太郎、吉田豪出演)@豊橋市民センターカリオンビル6階
6月18日(日)
豊橋まんが家まつり in 雨の日商店街
(河井克夫、大橋裕之、“初代”しまおまほ、堀道広出演)@雨の日商店街会場(愛知県豊橋市駅前大通 大豊商店街(水上ビル))
7月30日(日)
第16回とよはしまちなかスロータウン映画祭プレイベント ここにこ芝生シアター 〜星空映画会〜
(『ペット』上映)@ここにこ
8月1日(火)〜
13日(日)
豊橋市民文化会館50周年記念「映画ポスター展 華開く娯楽文化1970年代」
@豊橋市民文化会館 2階展示室
9月9日(日)
田中圭一トークショー「松本零士へ愛をこめて」
(田中圭一出演)@豊橋市美術博物館 講義室
9月24日(日)
豊橋倉庫グループPresents 第4回 向山フォレスタ星空映画会
(『SING』上映)@向山フォレスタ
10月15日(日)
『しまおまほの「いつトークするの?今でしょ!」4』〜しまお先生が授業をします〜
(しまおまほ、河井克夫、“二代目”しまおまほ出演)@ほの国百貨店9階
11月12日(土)
スピンアウト・トークライブ Jさん豪さんボーイズトーク8
(杉作J太郎、吉田豪、掟ポルシェ、コンバットREC、ロマン優光出演)@開発ビル10階
12月3日(日)
俺たちデトックス女子会出張編in豊橋3
(久保ミツロウ、能町みね子出演)@開発ビル10階



会議・懇親会(計30回)

実行委員会全体会兼懇親会
3回開催(2017年7月5日/9月27日/11月29日@ボレロ)
フェアウェルパーティ
1回開催(2018年2月11日@ボレロ)
理事会
3回開催(2017年6月7日/8月23日/10月25日@ボレロ)
正副会長事務局会議
20回開催@豊橋商工会議所





とよはしまちなかスロータウン映画祭実行委員会
会長 石川誠